So-net無料ブログ作成

ダイハツ、プロパーの三井取締役が代表権を持つ副社長に就任(レスポンス)

ダイハツ工業は、三井正則取締役が代表権を持つ副社長に昇格する人事を発表した。6月29日開催の定時株主総会とその後の取締役会で正式に就任する。

三井氏はダイハツ工業プロパー。ここ最近のダイハツの代表者はトヨタ自動車出身者に占められていた。

三井氏は1975年にダイハツ工業に入社、2004年に取締役、2006年に子会社のダイハツ九州の常務、2007年にダイハツの専務取締役に復帰した後、2008年に平の取締役となっていた。59歳。

《レスポンス 編集部》

【関連記事】
トヨタ、小澤専務が代表権を持つ副社長に昇格
スバル富士重役員にトヨタの高田常務役員が就任
ヤマハの戸上社長が正式退任へ、柳上席執行役員が社長就任
ダイハツ工業 特別編集

高速増殖炉「もんじゅ」14年ぶり運転再開へ(読売新聞)
主力製品ネスプの適応追加を発表―協和発酵キリン(医療介護CBニュース)
鳩山氏は「不起訴相当」偽装献金事件で検審が議決(産経新聞)
火山噴火 外国人客の離日始まる 成田空港(毎日新聞)
<窃盗>ガソリンスタンドから530万円 茨城・八千代(毎日新聞)

47独法、151事業が対象=事業仕分け第2弾−刷新会議(時事通信)

 枝野幸男行政刷新担当相は20日午前の記者会見で、事業仕分け第2弾で対象とする独立行政法人は47で、計151事業となることを明らかにした。国土交通省所管の都市再生機構や外務省所管の国際協力機構などで、理化学研究所(文部科学省所管)など研究開発関係の独法も、整理・統合を視野に重点的に取り上げる。同日夕の行政刷新会議(議長・鳩山由紀夫首相)で決める。
 今回の事業仕分けでは、消費者行政の在り方を問う観点から、類似の事業を行っている国民生活センター(内閣府所管)や製品評価技術基盤機構(経済産業省所管)も扱う方針。
 また、枝野氏は「都心に東京事務所を本部とはほかに持っているが、本当に必要なのか。文科省関連の(独法の)東京事務所が一つのビルに集中しており、事実上全部取り上げる」として、国立大学財務・経営センターなどの東京事務所の必要性を精査する考えを示した。 

【関連ニュース】
情報公開法改正に着手=枝野行政刷新相が私案
全国学力テスト、7割が参加=抽出調査に移行
「丸投げ」廃止で200億円削減=経産省が独自仕分け
「首長新党」に関心=枝野行政刷新相
20日に全国学力テスト=事業仕分けで抽出調査に

AP配信映像を「村本さん撮影」…日テレ謝罪(読売新聞)
高速新料金法案、政権内で再議論=割引財源から道路建設−前原国交相(時事通信)
<帯広市長選>元投資運用会社役員の米沢氏が初当選 北海道(毎日新聞)
大阪・池田、神戸の2教会に消火器 関連を捜査(産経新聞)
コピー用紙単価、自治体で最大2・5倍の差(読売新聞)

普天間移設 「一つの民意」反対集会に首相(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相は19日午前、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設候補地として政府が検討している鹿児島県・徳之島で島民ら1万5000人(主催者発表)が参加した大規模な反対集会が開かれたことについて、「大変なエネルギーだ。一つの民意だと理解すべきだと思う。そういう民意も勉強しながら、政府として普天間の移設先を真剣に考えていきたい」と述べた。

【写真特集】普天間移設先、最有力案に浮上 徳之島とは

 首相公邸前で記者団から「徳之島に正式に打診する考えはあるのか」と聞かれたのに答えた。政府は反対集会について参加者実数など詳細な分析を行っており、首相の発言は地元の意向を見極めながら、徳之島案を検討していく考えを示したものとみられる。

 平野博文官房長官は、徳之島を軸に検討している政府案を今週、民主党鹿児島県連に正式に伝える意向で、政府は地元との正式交渉入りに向けた動きを本格化させる。これに対し、民主党県連は徳之島案の白紙撤回を求める方針を18日、首相に伝えており、近く正式に撤回を申し入れることにしている。

【山田夢留】

【関連ニュース】
【写真特集】米軍普天間飛行場はなぜ危険とされるのか
毎日新聞世論調査:内閣支持率33% 不支持は初の5割超
普天間移設:徳之島で反対集会 1万5000人が参加
普天間問題:徳之島案撤回を 民主党鹿児島県連が要請へ
普天間移設:「やり遂げられるのか?」 米大統領が不信感

日露首脳年内3回会談 領土問題 首相、9月に訪露(産経新聞)
数量減も熱気と香り…静岡で新茶の初取引始まる(産経新聞)
茨城空港に初の国内線就航 スカイマーク神戸便(産経新聞)
愛知・遺体遺棄 容疑者の一部、殺害認める 3人身元確認(毎日新聞)
コンビニトイレに乳児遺体=札幌(時事通信)

山内議員の元秘書に支払い命令 東京地裁(産経新聞)

 「みんなの党」の山内康一衆院議員(36)の元政策秘書、神武幸被告(48)=詐欺罪で起訴=に金をだまし取られたとして、神奈川県伊勢原市の元会社社長の男性が山内議員と神被告に4千万円余りの支払いを求めた訴訟の判決が13日、東京地裁であった。小崎賢司裁判官は神被告に請求通りの支払いを命じた。山内議員については請求を退けた。

 小崎裁判官は「原告をだまして融資金を取得した」と指摘。一方、山内議員については「神被告の個人的行動で、秘書として行ったことではない」とし、使用者責任を認めなかった。

 判決などによると、神被告は政策秘書だった平成20年2〜3月、元社長に「資金が不足している。近く3億円の収入があり、確実に返済できる」と持ち掛け、2回にわたり計約4千万円を借り入れた。

 神被告は今年2月、架空の投資話で運送会社社長から約3千万円をだまし取ったとして警視庁に詐欺容疑で逮捕され、起訴された。

【関連記事】
参院選に元民主区議を擁立 みんなの党
みんなの党の「試金石」に 多摩市長選は壮絶三つ巴バトル
新党を「立ち枯れ?」 渡辺喜美氏がチクリ
新党ラッシュどうなる既存政党 自民は危機、民主は…
みんなの党が出馬要請
外国人地方参政権問題に一石

スマートフォン、有料アプリは500円未満26%(産経新聞)
民主・小沢幹事長、訪米見送り…普天間に配慮(読売新聞)
うそ供述でラーメン店長かばう  犯人隠避容疑で従業員を逮捕 京都(産経新聞)
桜島 爆発的噴火400回超す 昨年より約7カ月早く(毎日新聞)
<脱毛症>育毛成分など対症法5段階評価…学会が診療指針(毎日新聞)

<新党>平沼、与謝野氏らが結党で詰めの協議(毎日新聞)

 新党「たちあがれ日本」を結成する平沼赳夫元経済産業相、与謝野馨元財務相ら国会議員5人は8日、東京都内で10日の結党に向けた詰めの協議を行った。基本政策として「経済成長」「財政再建」「安心して生活できる社会」を掲げることを確認。与謝野氏の持論の消費税率引き上げを、福祉目的税化を明記して盛り込む。

 焦点の郵政民営化は、全国一律サービスを維持する方向で見直すこととし、小泉政権で民営化を主導した与謝野氏と、造反して自民党を離党した平沼氏のバランスを取った。平沼氏がこだわる自主憲法制定も打ち出す。

 会合には新党を支援する石原慎太郎東京都知事も同席した。終了後、平沼氏は新党のメンバーについて「第2段階、第3段階は先行きだ。あさって(10日の結党)は5人でやる」と記者団に語った。【野原大輔】

【関連ニュース】
自民党:藤井元運輸相が離党届提出 新党に参加
新党:議員5人確保にめど 参院の中川義雄氏が自民離党届
自民党:鴻池元副長官、新党に参加せず
与謝野元財務相:平沼元経産相らと10日に新党旗揚げへ
舛添前厚労相:与謝野元財務相らと連携否定 新党参加せず

iPhone「アプリ」開発 冴える日本人(産経新聞)
<リコール>日産、セフィーロなど5車種計2万5024台(毎日新聞)
棋聖戦 深浦が挑戦者決定戦進出(産経新聞)
与謝野氏らとの連携否定=「コップの中の争い」と静観−民主(時事通信)
両陛下が伊東市で「池のさと」ご散策(産経新聞)

アパートの強度偽装、事前にばれて建築されず(読売新聞)

 京都府八幡市内のアパートの構造計算を担当した1級建築士が、強度を偽装した「構造計算書」を検査機関へ提出していたことが2日、国土交通省の調査でわかった。

 偽装が発覚したため、アパートは建築されなかった。

 建築士は京都府に対し、「偽装はこの1件だけ」と話しているが、構造計算を担当した賃貸アパートなどが、大阪、京都府内などに計119件あるため、国交省は自治体に対して、偽装の有無を調査するよう要請する。

 偽装していたのは、大阪市で「ミレ建築設計事務所」を経営する張武雄・1級建築士(65)。

 発表によると、張建築士は昨年9月、構造計算プログラムで鉄骨3階建てのアパート1階部分の強度を計算。強度不足の可能性を示す警告が表示されたにもかかわらず、印刷した構造計算書に記された警告文の上にテープのようなものを張って消し、コピーを検査機関に提出した。

 張建築士は「再計算が面倒だった」と話しているという。警告文が一部残っており、検査機関が不正を見つけた。

「店外デートで勧められ始めた」大麻所持教頭(読売新聞)
古里の新聞が認知症緩和 専門家「回想法が脳を刺激」(河北新報)
警官装い「事件の証拠品として預かる」 忘れ物の免許証詐取した男逮捕(産経新聞)
<高校無償化法案>自民党2議員が賛成 「間違えた」と釈明(毎日新聞)
党首討論第2R がけっ縁首相に攻勢も… 谷垣氏、ギリギリ及第点(産経新聞)

「選挙なら捕まる」「許されない」=閣僚から発言−若林氏問題(時事通信)

 自民党の若林正俊元農林水産相が参院本会議での採決時に隣席の投票ボタンを押した問題について、閣僚からは2日午前閣議後の記者会見で、厳しく批判する発言が相次いだ。
 菅直人副総理兼財務相は「うかつというレベルでは言えないほど重大な問題。国会の決議が本人の意思と関係なく決まることがあったら、議院内閣制が根本から覆る」と指摘した。川端達夫文部科学相は「有権者が選挙に行って、他人の入場券で投票したら捕まる。あってはいけないことだ」とし、枝野幸男行政刷新担当相は「軽い気持ちだったのかもしれないが、法律が通ったり通らなかったりするわけだから、大変重たい話だ」と述べた。
 また、中井洽国家公安委員長は「許されない」と批判。仙谷由人国家戦略担当相は「学生時代には(欠席者に代わって返事をする)代返は割と(よく)ある」とした上で、「議員辞職に値するかどうかは、よく分からない」と語り、福島瑞穂消費者・少子化担当相は「代替ができないことは当たり前」と強調した。平野博文官房長官は「初めての案件で驚いている。何とも言い難い」とコメントを避けた。 

【関連ニュース】
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤
場外戦にもつれ込む「小沢捜査」の内実

首相またまた開き直り 普天間期限「法的に決まってない」(産経新聞)
地震一報時に「映画見てる場合か」 佐藤議員が中井担当相批判(産経新聞)
<福生殺人>25歳容疑者逮捕 路上で男性刺す(毎日新聞)
谷垣総裁 自民執行部の刷新を拒否(スポーツ報知)
<プライバシー侵害>関ケ原町長に賠償命令 岐阜地裁支部(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。