So-net無料ブログ作成
検索選択
-| 2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

「市民の共感得られた」=基地受け入れ反対の稲嶺陣営−名護市長選挙(時事通信)

 24日投開票された沖縄県名護市長選で、稲嶺進氏(64)の選挙事務所では、午後9時半ごろ当確の情報が伝わると詰めかけた支援者や国会議員ら約300人の拍手と指笛がこだました。稲嶺氏が「辺野古の海に新しい基地を造らせないことと市政刷新を目標に選挙戦を戦った。そのことが多くの市民の共感を得た」と話すと、「そうだ」「頑張れ」などと掛け声が上がった。
 太平洋戦争時の爆撃を体験したという同市宮里の無職、田港清治さん(81)は「これからの世の中は平和であってほしい。基地に反対する稲嶺さんが当選し、天にも昇る気持ち」と喜びの気持ちを表した。
 一方、島袋吉和氏(63)の事務所では、午後10時すぎ、落選の報に島袋氏が「わたしの不徳の致すところ」と頭を下げると、約50人の支持者が拍手で島袋氏をねぎらった。基地問題については「地元や県とよく相談してから対応していきたいと言ってきている。国がきちんと結論を出してもらいたいと今でも思っている」と述べた。
 支持者の男性(80)は、信じられない思いで選挙事務所に駆けつけたといい、「何かの間違いじゃないのか」と渋い表情を見せた。 

【関連ニュース
〔終戦特集〕太平洋戦争の歴史を振り返る
〔特集〕真珠湾攻撃〜ワレ奇襲ニ成功セリ〜
宮崎市長に戸敷正氏が初当選
「内閣は地元の民意に応えよ」=福島社民党首
普天間移設行き詰まりに危機感=代替措置模索の動きも

検視官の出動数43%増=解剖率は小幅上昇−警察庁(時事通信)
元厚労局長、村木被告は無罪主張 郵便不正初公判(産経新聞)
参院予算委 鳩山首相「解散・総選挙を行う意思ない」(毎日新聞)
愛媛「正論」懇話会 松本健一氏講演 日露戦争時「日本の青春時代」(産経新聞)
足利事件 許すことはできない、永久に…菅家さん怒り込め(毎日新聞)

犯人が捨てる?路上に被害者購入品…札幌の殺人(読売新聞)

 札幌市北区百合が原で、兵庫県西宮市すみれ台3、無職杉本稲子さん(72)が殺害されて雪に埋められていた事件で、杉本さんの所持品が遺体発見現場から約300メートル離れた路上などで見つかったことが、捜査関係者への取材でわかった。

 北海道警は、杉本さんを殺害した犯人が所持品を奪い、途中で捨てた可能性が高いとみている。

 捜査関係者によると、杉本さんは18日早朝、日課の散歩に出かけ、長男宅の近くのコンビニで紙パック入りの日本酒3個や菓子、おつまみなどを電子マネーのカードで購入。その後の足取りが途絶え、19日午後に遺体で発見された。発見現場の近くにカードは落ちていたが、購入商品は見あたらず、道警が捜索したところ、約300メートル離れた路上など2か所で日本酒の紙パック容器がいずれも空の状態で捨ててあった。その他の商品は確認されていない。

 道警は、現場や遺体の状況から、買い物を終えた杉本さんが、路上で何者かに首を絞められ、刃物で腹などを刺されて殺害され、雪に埋められたとみている。

<原口総務相>「関係者によると」発言…介入意図はない(毎日新聞)
<著作権法>新聞協会が反対意見書 2次利用緩和に(毎日新聞)
首相動静(1月25日)(時事通信)
【KANSAIハヤ耳】農事組合法人「ラッテ・たかまつ」 古代の乳製品「蘇」(産経新聞)
八ッ場ダム 国交相、初の住民と意見交換 (毎日新聞)

<日教組>教研集会開幕 文科省政務官が59年ぶりに出席(毎日新聞)

 日本教職員組合(日教組)の第59次教育研究全国集会(教研集会)が23日、山形市で開幕し、文部科学省の高井美穂政務官が来賓として出席した。日教組によると、文科省で政務を担う国会議員が教研集会に出席するのは、1951年の初開催時に当時の政務次官が出席して以来59年ぶり。日教組は民主党の有力支持団体の一つで、日教組と文科省の関係が政権交代で大きく変化したことを印象づける集会となった。

 日教組の中村譲委員長は22日の会見で「以前は文部省あるいは自民党対日教組という構図があったが(政権交代で)大変いい環境になった」と述べ、23日の全体集会でも「現政権は『コンクリートから人へ』を政治の基本に置き『子どもは社会全体で育てるもの』という私たちと共通認識を示している」とあいさつ、政権への高い期待を表明した。

 高井政務官はあいさつで、高校無償化や教員定数の増員など、10年度予算に盛り込む教育関連の目玉政策を強調。「学校教育に対する国民の関心や期待が高まる中、日教組の皆さんの一層の努力と協力をお願いします」と語った。

 教研集会は25日まで開かれ、延べ1万人以上が参加。「日本語教育」や「障害児教育」などテーマごとの25の分科会と特別分科会で、各教科の指導方法や生徒指導などの取り組みについて約740本のリポートが報告される。【井上俊樹】

【関連ニュース
日教組:加入率27.1% 過去最低を更新
日教組:加入率、過去最低を更新
日教組教研集会:「小学校英語」に否定的 授業受けた中学生多数「役に立たず」
新教育の森:小学英語の指導に専任者いるといい 日教組教研集会から
日教組教研集会:23日開幕で警備強化−−山形市 /山形

社民党大会、福島氏の4選承認 普天間「覚悟持って取り組む」(産経新聞)
朝青龍が25度目の優勝=北の湖抜き歴代3位−大相撲初場所14日目(時事通信)
小沢幹事長、聴取後に会見 「不正な金受け取っていない」(J-CASTニュース)
<梁山泊>脱税容疑で3人逮捕 大阪地検(毎日新聞)
陸山会の規正法違反、東京地検が態勢を増強(読売新聞)

使用済みインプラント、別人に使い回しの疑い(読売新聞)

 愛知県の豊橋市歯科医師会は19日、厚生労働省内で記者会見し、同市内の歯科医院インプラント(人工歯根)治療で、一度使用した後に抜けるなどして回収したインプラントを、別人に再使用している疑いがあると発表した。

 取り扱い方法などを記載した添付文書では、インプラントの再使用を禁じている。愛知県と豊橋市は医療法に基づき、同歯科医院を近く立ち入り検査する方針を決めた。一方、同歯科医院側の弁護士は「事実無根だ。使い回しはしていない」と説明している。

 同会によると、昨年、同歯科医院でインプラントの再使用が行われているとの内部告発があった。同会の聞き取り調査に対し、複数の元職員らが再使用が行われていると証言したといい、そのうちの3人がこの日の会見に匿名で同席。「少なくとも1日に1本は使用済みのインプラントを使っているのを見た」「使用済みのインプラントのストックは、多い時で20本あった」などと話した。

 同会では「使用済みのものを別人に埋め込むと、感染症にかかる恐れもある」としている。

 会見した理由について、同会の朽名正也会長は「この歯科医師は歯科医師会を退会しており、直接指導できない。歯科医師会として、被害の拡大を防ぐ必要がある」と説明した。

 医療法では、医療機関は清潔を保持し、衛生上の安全を保つ義務があるとしており、県などは立ち入り検査で診療記録などを確認し、設備や器具類の使用状況も調べるという。

足立区でまた学力テスト不正、生徒に誤り指摘(読売新聞)
小沢幹事長、検察に宣戦布告!「断固戦う」(スポーツ報知)
遺体は兵庫の72歳女性=首締め刺される、殺人と断定−北海道警(時事通信)
「来るの遅い」と叱責=受注あいさつに小沢氏秘書−水谷側へ1億円要求・裏献金問題(時事通信)
三笠宮彬子さま、英国で博士号取得(読売新聞)

寒波 北半球の異常低温 「北極振動」が原因 気象庁分析(毎日新聞)

 気象庁は昨年12月半ばから欧州や北米、アジアなど北半球を襲っている寒波について、北極圏で寒気が蓄積と放出を繰り返す「北極振動」という現象が原因とする分析を発表した。ここ30年間で最も強い寒気の放出が1カ月以上続く状態で、日本にも大雪をもたらしている。寒気の放出は弱まってきているが、北極振動は予測が難しいといい、気象庁は引き続き注意を呼びかけている。

【写真特集】13日、日本海側を襲った大雪と強風 東京でもクレーンが倒れた

 気象庁によると、先月16日以降の最低気温は、ポーランド・ワルシャワ氷点下19.2度(平年値は氷点下5度)▽ノルウェー・オスロ同17.9度(同6.5度)▽ソウル同15.3度(同6.7度)▽ベルリン同14.4度(同1.3度)−−など各地で30年に1度の異常低温となった。積雪はワシントンで41センチ、ソウルでは26センチを記録した。

 北極振動は北極圏で寒気が蓄積と放出を繰り返す現象。放出が続いているのは、北極圏の気圧が高く、中緯度帯の気圧が低い状態が維持され寒気が流れ込みやすくなっているため。寒気放出の強さは比較できる79年以降で最も顕著だという。

 北極振動のメカニズムは解明されておらず、寒気の放出が強まった原因ははっきりしない。今後について、気象庁気候情報課は「数日程度で寒気の放出は収まるとみられるが、その後再び放出される可能性もある」としている。【福永方人】

【関連ニュース
<写真特集>先月17日も日本海側は大雪 雪がこんもりと屋根に積もった
<気象予報士のコラム>「今日も天気で」雪雲の行き先は風次第=鮫島弘樹
<日本海側「暖冬」のはずが…>06年以来の恐れ 寒気流れ込みやすい気圧配置
<欧州>各地で記録的寒波

自民・尾辻氏、鳩山首相に退陣要求=参院でも代表質問始まる(時事通信)
JACボンバル機、大阪・伊丹へ引き返す 車輪格納できず(産経新聞)
九州・3県で 5市長選告示 宮崎市など(西日本新聞)
ガス田合意違反なら「しかるべき措置」 日中外相会談で岡田外相が警告(産経新聞)
首相動静(1月18日)(時事通信)

<阪神大震災>「中越」被災者が交流 山桜の箸贈る(毎日新聞)

 阪神大震災の発生から、17日で丸15年。新潟県中越地震(04年10月)の震源地に近い同県川口町木沢の阿部和雄さん(59)は、被災地同士の交流を続けている阪神大震災の被災者へ、集落に自生する山桜の枝を使った手作りの箸(はし)を贈る。「この箸を使って、自然豊かな木沢を思い出してほしい」との手紙を添えて。素朴な工芸品が、交流の橋渡し役を担う。

 阿部さんは当初、15日に兵庫県西宮市で開かれた復興住宅の住民との交流会に参加する予定で、手作りの箸は手土産のつもりだった。カッターナイフで枝の先端を細く削り出す。手で持つ部分はあめ色をした山桜の皮がつややかに光る。6人で出発した14日、新潟県は大雪に見舞われ、「無理をして心配させてもいけない」と取りやめた。

 「積雪は3メートル以上。木沢でこれだけの雪が降るのは、あのとき以来」。中越地震直後の冬も、木沢は豪雪に見舞われ、高齢化が進む住民を悩ませた。避難所暮らしを終え、壊れたままの自宅へ戻ったころと同じ景色が、苦しかったころを思い出させる。「夜を迎えると『また地震が来るんじゃないか』と心細くなって」。大規模半壊とされた自宅を修理する傍らで、87歳の父を病気で亡くした。「被災後2年間は、つらい時期が続いた」と振り返る。

 西宮市を初めて訪ねたのは2年前。両被災地の救援にかかわったボランティア団体の仲介だった。被災者同士が経験を語り合うなかで、落ち着きを取り戻した。互いに訪問し合う交流会は3回を数え、電話や手紙で親交を深めている。

 17日、木沢では無病息災を願う小正月の行事「塞(さい)の神」がある。阿部さんは「木沢も西宮の皆さんも、健康で再会できますように」と祈るつもりだ。山桜が花を咲かせるころ、「西宮を訪ねたい」と春を待ちわびる。【五十嵐和大】

【関連ニュース
阪神大震災:09年の孤独死62人
森繁さん震災詩:書の作品に 教え子亡くした神戸の書家
防災:若者から思い募集…兵庫のNPO 震災15年迎え
ハイチ大地震:首都は震度7以上の激しい揺れ…震度を推計
震災予防協会:3月で活動休止 設立から69年、役割終え

駐車場で巻き込み→蛇行し塀に衝突→女性死亡(読売新聞)
<可視化法案>政府として「提出検討せず」 松野官房副長官(毎日新聞)
大阪・富田林ひき逃げ 2審は実刑 大阪高裁(産経新聞)
ゆるキャラ 香港で関西PR 大阪で結団式(毎日新聞)
財政出動の継続を確認=鳩山首相とIMF専務理事(時事通信)

情報漏えい調査に「うそ発見器」=職員から協力の誓約書−防衛省(時事通信)

 防衛省が情報漏えいの内部調査をする際、ポリグラフ(うそ発見器)検査にも協力するとの誓約書を職員に提出させていることが22日、分かった。漏えい防止策の一環だといい、省内からは「反発する人もいるだろうが、深刻な問題が相次いだのだから仕方がない」とため息も聞かれる。
 同省によると、2007年に発覚したイージス艦情報漏えいなどを受け対策を検討。訓令を改正し、昨年4月から誓約書の内容を強化することを決めた。
 対象は内部部局のほぼ全職員と情報本部、陸海空など各幕僚監部、各部隊の秘密情報を取り扱う隊員らで、交友関係などを記した身上書とともに自書した誓約書の提出を求めている。 

【関連ニュース
〔写真特集〕イージス艦衝突
検察のリークの可能性に言及=一方的報道「よろしくない」
NTT西に業務改善命令=顧客情報漏えい問題で
陸自隊員らに有罪=14万人分情報漏えい
事故防止に向け、新たな節目に=「検証チーム」初会合

バケットと柱に挟まれ男性死亡 所沢(産経新聞)
焼肉店主射殺の元従業員、差し戻し控訴審も無期懲役判決(産経新聞)
SL 「C61形20号機」修復へ 群馬の遊園地で展示(毎日新聞)
震災翌日生まれの15歳 伯母の愛に包まれて(産経新聞)
高見順賞に岡井、岸田の2氏(時事通信)

<公設派遣村>入所者111人が所在不明…東京都(毎日新聞)

<三重現金輸送車襲撃>日通元社員に有罪判決 津地裁(毎日新聞)

 三重県鈴鹿市のJA鈴鹿で09年3月に日本通運の現金輸送車が襲われ、現金2億1000万円が奪われた事件で、実行グループに現金輸送方法を教えたとして強盗ほう助の罪に問われた津市美杉町下之川、元同社津警送支店社員、伊藤良樹被告(37)に対し、津地裁は18日、懲役3年、執行猶予5年(求刑・懲役3年)を言い渡した。

 村田健二裁判長は、伊藤被告が提供した情報について、実行グループの元暴力団員、鳥山征児被告(36)=強盗の罪などで起訴=らが強盗を手際よく実行するために重要、不可欠だったと指摘。「鳥山被告から約3年間、繰り返し金を無心されるなど同情すべき点はあるが、鳥山被告と別れたいという理由で安易に情報を提供し、日通の信頼を傷つけた」と述べた。【大野友嘉子】

<300日訴訟>「違憲ではない」原告の請求棄却 岡山地裁(毎日新聞)
石川衆院議員 規正法違反容疑で逮捕…4億円虚偽記載(毎日新聞)
主な質問と回答 産経・FNN合同世論調査(産経新聞)
九州北部 14日も降雪(西日本新聞)
公用車運転業務 一般競争入札で給与激減 たたき合い響く(河北新報)

-|2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。